2週間で体が変わるグルテンフリー健康法

溝口徹著「2週間で体が変わるグルテンフリー健康法」を読みました。

「小麦を食べるな!」(ウィリアム・デイヴィス)をベースに「油を絶てばアトピーはここまで治る」(永田良隆)を少しブレンドして、カゼイン不耐について加筆した感じの本でした。基本は糖質制限本です。

永田医師の本をベースにした部分は素直に読めるのですが、「小麦を食べるな!」をベースにした部分は、ちょっと。この本に書かれている内容を無検証でそのままパクっちゃったら、同じレベルにまで信頼性が下がるんですけど。

たとえば「小麦に麻薬的な依存性がある」として、その根拠として「麻薬拮抗薬を小麦依存者に飲ませたところ、症状が軽減した」ことを挙げています。この記述は、まさに「小麦を食べるな!」に書かれている内容そのまま。でも、実際にはこの根拠がガセなんですよね。

米国アマゾンで「小麦を食べるな!」のレビューに「Lies or Laziness? Misrepresentation of studies everywhere(嘘なのか怠惰なのか、研究成果を不当に解釈した記述だらけ)」という批判的なものがあるのですが、そのレビューの中でばっさりと切り捨てられています。

For a third and final example, consider Chapter 4, The Addictive Properties of Wheat, page 50 of the hardcover edition. Here, Davis writes about gluten exorphins, opiate-like compounds created when stomach enzymes take a crack at partially digesting gluten. Researchers are continuing to study how they impact the human body in myriad ways. One branch of such studies uses the drug naloxone, an opiate blocker, to cancel the potential effect of gluten exorphins and other related compounds.

Davis makes the claim that gluten exorphins are addictive like morphine (another opiate), and that those addictive properties cause you to eat more calories and gain weight. As the theory goes, block the gluten exorphins with naloxone, and you block the addictive properties of wheat-based foods. To back up his boast, he then cites a study, published in the American Journal of Clinical Nutrition, in which binge eaters were left in a room filled with a variety of foods for one hour. Davis writes “participants consumed 28 percent less wheat crackers, bread sticks, and pretzels with the administration of naloxone.” And there you have it! See? Naloxone blocked the evil action of gluten exorphins, and those binge eaters ate fewer calories as a result! Except that’s not what happened.

Here’s the truth: While naloxone appeared to have an impact on the consumption of high fat and high sugar foods, it had no effect that correlated with gluten. In fact, while Davis claims that participants consumed 28 percent fewer wheat crackers, bread sticks, and pretzels, they actually consumed 40 percent more gluten-containing bread sticks.

簡単に言うと、ウィリアム・デイヴィスは「American Journal of Clinical Nutrition」に掲載された論文を根拠に「ナロキソンが小麦依存症を軽減した」と断じているけれども、実際にナロキソンが軽減したのは「高糖質、高脂肪の食品の消費」であってグルテンとは無関係だったのだそうです。

にもかかわらず、この本ではデイヴィスの本の内容をそのまま受け入れてしまっているわけで、もとの研究を当たってないのが明らかなのですよね。したがって、全体的にちょっと信頼性が低いなーという感じです。

牛乳の不耐症は乳糖不耐しか知らなかったので、カゼイン不耐というものを初めて知りました。カゼインにも中毒性があると書いていますが、グルテン中毒の根拠がおかしいことを考えると、この中毒性の存在にも疑問符が。

というわけで、「小麦は食べるな!」の人気に乗じた感のある二番煎じ本でした。