宮内庁の総料理長のおいしいレシピ

高橋恒雄著「宮内庁の総料理長のおいしいレシピ」を読みました。

2012年に出版された「たかはし塾 ー 家庭料理はシンプルがおいしい」に加筆して出版されたものだそうです。加筆されたのは、巻頭の「宮中晩餐会を思い出して」というエッセイ。このエッセイでは宮中晩餐会で出す料理の例を2品ほど紹介し、作り方も簡単に添えてあります。

「我が家の食卓」という項に、著者宅の1日のメニューが載っています。毎日こんなご馳走を食べてるのかー、とうらやましい限り。食材は手に入りやすいものを使っているし、特別に手をかけて作ってあるわけでもないから、ご馳走とは違うかも。でも、とてもとてもおいしそうなのです。こんな食事が作れるようになりたいなぁ。

もとのタイトルが「家庭料理はシンプルがおいしい」だけあって、あまり面倒なレシピは載っていません。でも、どれもみんなおいしそう。そして他の料理本と違い、分量が自分たちの食事量に合っている感じがしました。麺類は1人前から2人分作るというあたりも、うちと感覚が一緒です。

まずは、くるみみそと白和えから作ってみたいな。それから、他のものも少しずつ順番に作ってみようと思います。