天皇陛下の愛した洋のレシピ

窪田好直著「天皇陛下の愛した洋のレシピ」を読みました。

帯の紹介文は「”天皇の料理番” の宮中の洋食メニューを秋山徳三に料理を仕込まれ、園遊会の料理製作も担当したシェフがご家庭でも作りやすく再現。陛下が召し上がった日々の献立から特別な日のメニューまで。食にまつわる宮中のエピソードもご紹介」となっていました。

「ご家庭でも作りやすく」ってのは、ちょっと嘘だなー。だって、1品目でいきなり見たこともない食材が出てきたもの。

この本においてはレシピとは挿絵のようなもの、と割り切ってコラムがメインの読み物と思えば、面白く読めました。読み物としてはテキストが少ないのですが、そこは絵本なのだと割り切ることにしました。