マリエル・クララックの誘惑

紹介文より。

地味な中流令嬢マリエルは、名門伯爵家嫡男にして
近衛騎士団副団長のシメオンと婚約中。
「腹黒系参謀大好物ですありがとう!
シメオン様のためなら猫もかぶるし社交も頑張ります!」

張り切って結婚準備を進める中、
シメオンに機密漏洩の容疑が!?
彼を助けるため調査を開始した目リエルの前に、
謎めいた人物が現れて……。

婚約者とその周りにひそかに萌える娘の物語第3弾、オール書き下ろしで登場。

毎度のことながら王子が不憫で笑っちゃう。

前作に比べると謎解きが複雑で、いかにもミステリーらしく面白かった。ミステリー小説が書ける人って、すごいなぁ。