マイケル・ジャクソンの思想

安冨歩著「マイケル・ジャクソンの思想」の読後感。

学者視点のマイケル・ジャクソン。

英語の歌なので、あまり歌詞を深く気にして聞いたことがなかったけど、ダンスやプロモーションビデオのポップなイメージと歌詞の深さとのギャップがすごいことを、この本を読んで初めて知りました。言われてみると、確かにギャップがすごい。

自分はこYouTubeでビデオを確認しつつ、この本を読みましたが、事前にビデオを観て予習しておく方が内容が頭に入りやすかっただろうと思いました。観ておいた方がよさそうなのは、このあたり。

そして、最後に短編映画「ゴースト」。これはYouTubeなどの動画でしか観られないようです。

特別マイケルファンではなかったのだけれど、この本を読んだらいろいろ観てみたくなりました。